Inガーデナー

庭づくりも4年目!まだまだ続きます。

はしもと Pocket Garden

ギガンチウム

ホント! ポケットにキャンディーを入れる楽しさの庭づくりです。

本日

AM: 陶芸破片を色別に仕分けしました。黒系、赤系、白系・・・これは小道脇をしめるアイテムに変身させるのです。
はしもとスカイツリー?! も破片でできている大きな建造物です。

PM:割れた大きな鉢に多肉植物を入れました。このコロコロプクプクは、はしもとポケットに一番似合っています。手間もかかりません。

そんなこんなで仕事はいっぱい!
それなのに週に一度程度の作業なので、助っ人は必要。敷地グルッと草刈り。
デッキも塀もペンキ塗り。ウワッ!ウッドデッキの床ぬけた!!の大工仕事。
これらは、Mr.J,Mr.M の手助けでなんとかできました。

まだまだ続きます!
レンガの掘り起こしと草抜きから始まった庭づくりも4年目。
雑誌を飾る庭づくりとは程遠いですが、はしもとらしく自然と仲良く進めていきます。

2012.6 佐々木 野枝

 

はしもとの庭づくりブログ 『Pocket Garden』も今年で4年目!

「ポケットにキャンディーを入れる楽しさの庭づくり」  ...♪♪♪ガーデナーの佐々木さんいつもありがとうございます。

「ウッドデッキの床がぬけた!」  ...庭づくりには大工仕事も!? Mr.J&Mr.M ご協力ありがとうございます(^^)。

割れた大きな鉢にコロコロプクプクの多肉植物!色別に仕分けされた陶器の破片から、どんなアイテムが生まれてくるのかワクワクしますね♪ 小道の脇に新しいアイテムが登場したら、写真でご紹介したいと思います。

Pocket Gardenブログも、まだまだ続きます!

Inガーデナー

〜3回目の夏...

はしもとポケットガーデン

☆ スコップ片手に 3回目の夏に思うこと

佐々木野枝さん 雑草抜きをして汗だくの日のこと。

大根草を見つけました。何度も踏まれたらしく、傷だらけ。でも、凛々しくしっかりと根を張り、金色のオーラを放ち、気品さえありました。この庭には、とにかく数多くの植物をと考え、どんどん植えていますが、残念ながら根付かず消えていくものもあります。

この大根草を見て、自然に逆らってこの地に合わない植物をいれたりしていないかと・・・。

そういえば、常に雑草といわれて引っこ抜かれるタンポポ、ヒメジョオンオグルマ、ゲンノショウコ、ツユクサ、クローバーも、カメラでズーッと寄ってみると、かわい〜! 花芯に蝶やハチなどがいたりしたら見惚れます。

私は今、何とたたかっているのかしら。身近で素敵な植物とケンカしてる?
イタドリの太くてかたい根、どこまでも伸びる山蕗の根、そして、くしゃみをさせる花粉をふりまくヨモギ。
きっと彼らは世界が滅びても生き残っているだろうと思わせる逞しさがある。強くて純粋な魂を取り戻せと言っているかもしれない。
レンガのすき間から芽をだしたオオバコ! さて、これはどうしましょう!!

2011.7.19  佐々木 野枝

 

ポケットガーデン3回目の夏を迎え、ガーデナーの佐々木さんにコメントをいただきました。

ちなみに大根草は、名前に似合わず? こんなに可愛らしいお花です。
だいこん草

Inガーデナー

ガーデナー自己紹介

たんぽぽ タンポポ ♪

tanpopo2010-05

はしもとポケットガーデンのガーデナー佐々木さんに、お話を伺いました

庭づくりのテーマ

「美味しい庭を目指してます」
自家焙煎珈琲の喫茶店でゆっくりした後は、陶芸館を見学したりレンガの小道を歩いてみましょう。
小さなポケットの中にキャンディーを入れる楽しさで造っています。

見どころ  

  1. 陶芸窯に使っていた耐火煉瓦を並べた小径。
  2. 花の無いときも楽しめる、石板を敷いたホワイトガーデン。
  3. はしもと陶芸の焼き物レリーフ、テラコッタ、人形を使ったコーナー。
  4. 季節の山野草。 コウリンタンポポ、ギボウシ、ノコギリソウ、ハハコグサ、チチコグサなど。
  5. 春はムスカリ・水仙の球根が1000球。夏はホスタがいっぱい。

ガーデンコンセプト 

宿根草中心のローメンテナンスガーデン。オーナー好みの山野草、ホスタが多いこと。

ガーデナー自己紹介 (佐々木 野枝)

花屋勤務のかたわら、少しづつ作り始めています。
10年計画で2年目の秋を迎えました。 植える事が大好きで、苗があれば隣町まで植え続けられるほど・・・! 春はガーデン巡りで全道を回ります。 白老の地は、海風が強く潮焼けする葉や花が続出ですが、厳しい自然の中で育つ植物を探しています。
雑草の中の2年草の芽を忍耐強く待つのが特技ですから、きれい好きガーデナーからすると、雑草だらけ?と思うかもしれません。

佐々木 野枝

1